英会話独学上達法 > 英会話学校 授業料

バカ売れ「日本一」英語教材。最大の落とし穴 ■英会話上達の秘訣は、文法でも単語力でもない。気づいた人が話せてる■【安心の長期5年保証付】とは?
日本一「バカ売れ」英会話

英会話学校 授業料

英会話学校の授業料に対する評価基準は人それぞれ。高い安いの判断もそうですが「わかりにくい」というのも英会話学校の授業料の特徴かもしれません。

英会話学校の授業料、高いか?安いか?

「自分への投資に金は惜しまない」と意気込んではみても、「それにしても英会話学校の授業料は高いなあ」というのが一般認識なのではないでしょうか。
実際、英会話学校へ通うとなると、十数万円から数十万円...もしかすると、新車を1台購入する位の覚悟が必要になるのかもしれません。
英会話学校へ入学するにあたり、どの学校でも初めに入学金を徴収します。
1万5銭前後から3万円位というのが相場のようです。
運よくキャンペーン期間中にあたれば、入学金が割引になったり免除になったりの特典が受けられることもあります。
授業料となると、各校のWebサイトを参照してみても、料金体系が複雑で、単純に比較することは非常に困難です。
グループレッスンか、プライベートレッスンかによっても料金も異なってきますが、1レッスン当たり、グループレッスンでは2、3千円程度、プライベートレッスンでは1万円近くまでと、英会話学校によって千差万別です。

英会話学校、授業料以外の出費も要チェック

授業料以外にも、教材費や設備費などの名目で費用がかかることもあります。
一見、激安に見えても、何のかんのと費用がかかり、結局、総額では各校似たりよったりということになる、という口コミなども見かけます。
全体の費用は、年間で、グループレッスンでも10万円は優にかかり、プライベートレッスンとなると100万円近くかかるケースもあります。
授業料は、月謝制を採っている学校もありますが、ポイント制を導入し、1年分に相当する料金を前払いするシステムを採っている英会話学校が大半です。
さまざまな事情による払い戻しなどのトラブルが生じるケースも少なからずあるようです。
大金がかかっているのですから、入学前には契約書をよくよく確認するなど、受講する側でも細心の注意が求められます。

ところで…「日本一売れている」英語教材が話題をあつめています。
耳が開いている時間に流して聞くだけ。辞書のいらない英会話上達法。 【安心の長期5年保証付】の英会話教材はこちらから

脱レンタルサーバー