英会話独学上達法 > 英会話学校 比較

バカ売れ「日本一」英語教材。最大の落とし穴 ■英会話上達の秘訣は、文法でも単語力でもない。気づいた人が話せてる■【安心の長期5年保証付】とは?
日本一「バカ売れ」英会話

英会話学校 比較

英会話学校を選ぶときナニに気をつけて比較すべきか。費用対効果などの比較も大切ですが倒産リスクのある英会話学校にも要注意。

英会話学校の比較...授業料体系が複雑

英会話学校をどう比較するか?
...それ以前に、昨今では大手の英会話学校の倒産が相次ぎ、業界としては氷河期とも言える時代かもしれません。
これから日本人がよりグローバルに活躍する時代がくるというのに皮肉な感じです。
それでも堅実に経営している学校は、それぞれ質の良い授業を提供しています。
英会話を習うのは、そこにかかる時間や授業量などを考えると、極端な話、ある意味の人生の一大選択であり、比較検討を重ね、自分にぴったりの英会話学校を選び取りたいものです。
選ぶにしても、授業料からして、各校、複雑な料金体系を有し、それを一律に比較するのも容易ではありません。
たとえばポイント制を導入し、予め相当数購入を求められる学校もあれば、月謝制という学校もあります。
グループレッスンなのか、個人レッスンなのか、週に何時間レッスンを受けるのか、授業形態によっても、金額は大きく異なってきます。
一見、激安と思っても、実際は、教材費・設備費など、授業料以外でも費用がかかることも多いものです。
そう考えると、概ね同じ程度の内容であれば、授業料は、結果的にはどこでも似たりよったりと言えるでしょう。

英会話学校・講師で比較する

英会話学校が抱える講師についても、各校、個性を打ち出しています。
講師が全員ネイティブ・スピーカーという学校では、受講生にできるだけ多く本場の英語に触れさせようとします。
逆に、ネイティブ・スピーカーと日本人講師を併用している英会話学校もあり、生きた英語に触れさせつつ、文法面もしっかり押さえさせたいという意向が感じられます。
また、最近では講師にフィリピン人など、アジア系外国人を採用する学校も増えてきています。
元々、英語は準公用語という環境下で育ったため、実はネイティブと比較しても遜色もないのです。
授業料も、いわゆる欧米系のネイティブ・スピーカーの場合よりも比較的安価な英会話学校が多く、費用対効果の点からも注目を浴びつつあります。

ところで…「日本一売れている」英語教材が話題をあつめています。
耳が開いている時間に流して聞くだけ。辞書のいらない英会話上達法。 【安心の長期5年保証付】の英会話教材はこちらから

脱レンタルサーバー