英会話独学上達法 > 英会話学校 破綻(倒産)

バカ売れ「日本一」英語教材。最大の落とし穴 ■英会話上達の秘訣は、文法でも単語力でもない。気づいた人が話せてる■【安心の長期5年保証付】とは?
日本一「バカ売れ」英会話

英会話学校 破綻(倒産)

英会話学校というと人気ビジネスにも見えますが、時に破綻・倒産が報じられます。英会話学校、破綻・倒産の兆候とはなんでしょうか。

英会話学校、続く破綻(倒産)

2007年の英会話学校大手NOVAが破綻(倒産)に至り世間に衝撃を与えました。
その記憶も覚めやらぬ間に、2010年に今度は同じく大手のジオスまでも倒れるという事態に陥り、もう本当に、この業界はどうなっているのかと不安を掻き立てられます。

もちろん、堅実な経営を続けているスクールもあるのでしょう。
しかしながら、少なくない英会話学校は、破綻(倒産)とまではいかないにしても、苦しい経営を強いられているのが現状のようです。
「英会話の上達」というのは時代を超えた需要であるにもかかわらず、どうしてこのような現状があるのでしょうか。
そもそも、全体として、英会話学校は乱立気味だという声があります。
特に、バブル期にむやみに校数の拡大にまい進した果てに、今になってボディブローのように経営が圧迫される泥沼に陥っているのです。

多くの英会話学校では、ポイント制などとして、前もっと高額の授業料を納付させています。
ですから、破綻(倒産)の憂き目にあい、払い込んだ授業料がパーにならないよう、スクール選びも一層慎重にならざるを得ません。

英会話学校、破綻(倒産)の兆候とは?

英会話学校にも、一般企業と同様、破綻(倒産)に至る前には、何らかの兆候が現れてくるケースも多いものです。
例えば、ポイントがまだ結構残っているのに、やたらと大量購入を勧められるなど、苦しい経営状態が見え隠れしているようです。
内部事情はなかなか表に出てこないものです。
けれども、講師への給料遅配など、待遇面の悪化は、職員のぞんざいな対応、お座なりの授業などの形となって表れてくることも多いのです。
全体としての士気の低下は、崩壊への第一歩となります。
通っていた英会話学校が破綻(倒産)してしまえば、多くの場合、払い込んだ授業も戻ってきません。
万が一、倒産の危機を感じても、「次のクラスの受講を見合わせる」「できる限り受講して元をとる」くらいの対抗策しかありません。
大手だから、と安心せず、情報にアンテナを立てておきましょう。

ところで…「日本一売れている」英語教材が話題をあつめています。
耳が開いている時間に流して聞くだけ。辞書のいらない英会話上達法。 【安心の長期5年保証付】の英会話教材はこちらから

脱レンタルサーバー