トップ > 英会話学校 破綻(倒産) > 英会話学校、破綻(倒産)の兆候とは?

英会話学校、破綻(倒産)の兆候とは?

バカ売れ「日本一」英語教材。最大の落とし穴 ■英会話上達の秘訣は、文法でも単語力でもない。気づいた人が話せてる■【安心の長期5年保証付】とは?
日本一「バカ売れ」英会話

英会話学校にも、一般企業と同様、破綻(倒産)に至る前には、何らかの兆候が現れてくるケースも多いものです。
例えば、ポイントがまだ結構残っているのに、やたらと大量購入を勧められるなど、苦しい経営状態が見え隠れしているようです。
内部事情はなかなか表に出てこないものです。
けれども、講師への給料遅配など、待遇面の悪化は、職員のぞんざいな対応、お座なりの授業などの形となって表れてくることも多いのです。
全体としての士気の低下は、崩壊への第一歩となります。
通っていた英会話学校が破綻(倒産)してしまえば、多くの場合、払い込んだ授業も戻ってきません。
万が一、倒産の危機を感じても、「次のクラスの受講を見合わせる」「できる限り受講して元をとる」くらいの対抗策しかありません。
大手だから、と安心せず、情報にアンテナを立てておきましょう。

……この記事の全文をみる
ところで…「日本一売れている」英語教材が話題をあつめています。
耳が開いている時間に流して聞くだけ。辞書のいらない英会話上達法。 【安心の長期5年保証付】の英会話教材はこちらから

英会話学校 破綻(倒産)
英会話学校というと人気ビジネスにも見えますが、時に破綻・倒産が報じられます。英会話学校、破綻・倒産の兆候とはなんでしょうか。

前の記事 | 次の記事

関連記事
脱レンタルサーバー